低燃費 エコカー

 

経済的な低燃費のエコカー

エコ

最近、エコカーの販売が加速的に増えています。
地球環境に配慮した、低燃費のエコカーが続々開発されており、つい最近、リッター30キロを超える低燃費の軽自動車も販売されました。

 

地球温暖化の原因ともなる自動車の排出ガス。
このガスを最低限に抑えた低燃費のエコカーが大変な人気になっているようです。

 

エコカーの人気の秘訣としては主に二点あります。
それが、環境にやさしいこと、そして、お財布にも優しいといったことです。

 

環境にやさしいのは皆さんご存知のとおり、CO2の排出量を減らし、地球に負担を与えない構造になっています。
これから先40年程度で化石燃料の石油も枯渇すると言われています。
こういった低燃費のエコカーが開発されることで、そういった事態にも対応することが出来ます。
バイオ燃料や電気自動車なども注目を集めていますしね。

 

もう一つの嬉しい点が、お財布にやさしいといった点。
とにかく低燃費のため、ガソリン代が大幅に浮きます。
車にもよりますが、エコカーに変えることでガソリン代が2分の1、もしくは3分の1になるような人もいます。
税金も減税、免税される場合があるのでとってもお得です。

 

地球にもお財布にも優しいエコカー、これからもエコカーの動向に目が離せません!

低燃費なエコカーとは

最近、テレビコマーシャルなどでもエコカー、エコカーと叫ばれていますが、いったいどういった車をエコカーというのでしょうか?

 

今回はそのエコカーについて少し考えていこうと思います。
基本的に、低燃費である車のことをエコカーと呼びます。

 

定義としては、ガソリン以外の燃料を用いて走行することのできる車といった定義がありますが、基準を満たしていれば、ガソリン車でもエコカーとされます。

 

エコカーには、電気自動車、天然ガス自動車、ハイブリッド車といった三種類があります。

 

この三種類とも共通することは低燃費ということです。
リッターで30キロ以上走る低燃費車も少なくありません。
とっても経済的ですし、さらに地球にも優しいといった画期的な自動車になっています。

 

日本は海外と比べてもこのエコカーの開発で先駆者となっています。
最近ではデザイン性の高いエコカーも続々と販売されており、多くの方がエコカーに乗り換えています。
環境意識の高さと、経済的なメリットからエコカーに乗り換える人が多いようです。

 

税制面でも優遇措置があります。
毎年かかる自動車税ですが、この自動車税を減額、または減免できる自動車もあります。

 

これから先も日本のエコカーの動向に注目です。

低燃費エコカーへの乗り換え

エコカーに車を買い換えようという人も多いのではないでしょうか?
エコカーに乗り換えることでのメリットについて、少し考えてみましょう。

 

車の中でも特に燃費の高いエコカーですが、その種類には電気自動車、天然ガス自動車、ハイブリッド車があります。

 

電気自動車の場合、排出ガスが一切出ないとても地球環境にやさしい車です。
自宅で充電することもできますし、電気自動車の充電スポットも街中に増えています。
走行性も良く、加速も良好です。

 

天然ガス車は文字通り、天然ガスを燃料にする車のことです。
天然ガスの方がガソリンの燃料になる石油よりも埋蔵量が多いため、安定した供給が可能です。まだ普及は進んでいませんが、これから先、石油に代わる燃料を使った車として注目を集めることでしょう。

 

そして最後に人気のハイブリッド車です。ハイブリッド車の開発において、日本はとても注目されています。
世界で一番初めにハイブリッド車の市販をしています。
ハイブリッド車の仕組みは、ガソリンと電気の両方を使った駆動に有ります。
走行中にしっかりと電気を充電し、停車、発車時の一番ガソリンを使う部分は電気で賄います。
そのため、驚異的な燃費を実現しています。

 

価格も割とリーズナブルでとっても人気になっています。

 

車 下取り
車を買い替える場合、今乗っている車は手放します。
その手放し方も下取りに出すのと、買い取ってもらうのとではちょっとした違いが出て来ます。
下取りについてサイト内でちょっとしたヒントが書かれています。